リフォーム現場のあれこれ

ホームインスペクション 耐震診断 福岡
 9月1日は防災の日です。世界的な新型コロナウィルスの蔓延はその終息の兆しすら見えない状況です。そんな中でも大雨による河川氾濫や土砂災害は毎年のように国のどこかで発生し、住む家を失った方々は一時的に避難所生活を余儀なく強いられています。そして避難所での生活には様々な問題がありますが、最大の問題がトイレだと言われています。
ホームインスペクション 耐震診断 福岡
  洋式便器と床(主に木質フローリングの場合)に水染みを発見!。便器排水からの漏水では?と心配され、問い合わせが来ます。ではその原因は本当に便器排水の漏れなのでしょうか?

ホームインスペクション 耐震診断 福岡
  浴室(在来タイル張り)を囲う基礎表面に水染みが出ることがあります。水道管の漏水では?と心配ですが、その原因は何でしょうか。
ホームインスペクション 耐震診断 福岡
  防災(軽量化や台風)対策として、瓦屋根からコロニアル(スレート瓦)に交換される方も多いと思いますが、総二階は別として1階屋根と壁の取合いに注意しないと、後に雨漏れします。

ホームインスペクション 耐震診断 福岡
  その家の人ならきちんと閉める門扉でも、忙しく配達等の業務をされている方々にとってはつい閉め忘れることも。そこで勝手に門扉が閉まるようにする手立てはないかと言う方にお勧め。
ホームインスペクション 耐震診断 福岡
 不慮の怪我や、思わぬ病気などによって身体に障害が生じた場合や、加齢による耐力の低下により住宅環境にバリアが生じた場合、その補助として手摺が必要になることも。  今回は浴室(システムバス)の後付け手摺についてのお話しです。

ホームインスペクション 耐震診断 福岡
 リフォーム工事では、やむを得ず露出となってしまう設備配管や配線工事が生じる場合があります。設備配線や配管は基本的に隠蔽(壁の中や、地中埋設)されることを前提にしてますので、露出する場合は、耐候処置をする必要があります。
ホームインスペクション 耐震診断 福岡
 4K放送も定着しつつあり、8K放送の到来を迎えています。4Kならまだしも8K放送となると対応したデバイス(テレビ・チューナーやアンテナ等)でないと受信できません。

ホームインスペクション 耐震診断 福岡
 令和3年は全国的に20日程度も早い梅雨に入り例年のごとく大雨が予想され、ご自宅の雨漏れの心配をされている方も多いのではないでしょうか?
ホームインスペクション 耐震診断 福岡
 これから本格的な梅雨に入り、例年のごとく大雨が予想され河川の氾濫や土砂災害への警戒を怠るわけにはいきませんね。ただ、大雨で警戒すべきは身近にもあるのでは?

さらに表示する