· 

結露対策リフォーム(壁編)

 

窓にびっしり結露水!これは目に見えるので対処できますが、外壁内部にも結露するってご存知ですか??これは結構厄介なのです。

 

一見綺麗そうに見えた壁クロス。

実は施主様の了解をえて剥がしてみるとご覧の通り。

元々は左官材料の塗り壁であったこの壁は過去のカビ発生を隠すかのようにクロスで張り被せられていました。

壁外気側隅の床に近い部分は熱的特性から結露が発生し易く、カビ発生を誘引しているのです。

結露発生を防ぐには壁断熱による熱的改善や計画換気による水蒸気量のコントロールなどの対策がありますが、今回はコスト面・施工性の点から結露防止効果の高い壁仕上材に変更することで計画しました。

断熱性・調湿性を持つこの内装左官材(製品名:霧島壁)、作業としては、既存のクロス・カビは剥ぎ落とし消毒後アク止め下地塗りの上、仕上げました。

この壁は霧吹きで水を吹き掛けると瞬時に吸い込む驚きの調湿作用を有しています。

結露に悩んでおられる方は是非、調湿材(他に珪藻土や調湿タイル有)によるリフォームを検討されてはいかがでしょうか。

さらに、室内の有害な化学物質や悪臭もとってくれるという効果もあり一石二鳥です。

福岡でマイホームを購入するなら「いえあ~る」にまず相談!

既存住宅には経年劣化による不具合がつきものです。でも、購入前のインスペクションで、状況がわからないという不安を解消することは可能です! まずはお気軽にご相談ください。