· 

基礎のクラック補修

 

住宅基礎に生じたクラックは放置しておくと鉄筋が錆びたりし、ますます強度が低下します。

今回はクラック補修の一例のご紹介です。

 

基礎に生じたクラックに専用のボンドで目詰します。

次に床下にもぐり、クラックの中に専用の補修剤(エポキシ系ボンド)を注入し補修を行うために注入ポートをクラックに沿って上下に取付ます。

その他の部分は注入する補修剤がこぼれずクラック全域に充填されるよう目詰めします。

下のポートから補修剤を注入し上のポートからこぼれ出るまで注入します。

上のポートから溢れて一杯になったら、したのポートをキャップします。

最後に上のポートから同じように注入し、基礎の上部から溢れてきたらキャップをして完了となります。

参考:この専用の補修剤の強度はコンクリート強度を上回ります。

このような補修によって、連続性が失われたコンクリートも接着一体化出来、さらに鉄筋に空気が触れなくなったことで、腐食を防ぐことができます。

但しこの接着剤は高価な為、工事費とあわせて4~5万程度(1ヶ所でも)~かかります。

福岡でマイホームを購入するなら「いえあ~る」にまず相談!

既存住宅には経年劣化による不具合がつきものです。でも、購入前のインスペクションで、状況がわからないという不安を解消することは可能です! まずはお気軽にご相談ください。