気になる物件考察会


マイホーム購入を検討中の皆さんは、きっと、インターネットで物件検索をしていることでしょう。住みたいエリアと間取り、価格などを検索条件に設定するだけで、希望に合いそうな物件がズラリと出てくる手軽さは魅力的ですもんね。

さて、その次はどうしますか? 一覧に出てきたそれらの物件の詳細ページを一つ一つ開き、見比べながら順位をつけたりしますよね。

さて、その次は? 「これがいいかも!」と思った物件について、取り扱い業者に問合せを入れたことはありますか?

 

ここまで行くと、手がとまってしまいます。問合せてみたいけど、しつこく営業されそうで怖い。

「いいかも!」と思った物件が、実際に行ってみるとそうでもなかったとき、ちゃんと断れるんだろうか?

だいたい、マイホーム購入の為にすべきことがよくわかってないのに、いきなり動き出して自分は大丈夫なんだろうか?? 

でも、この物件、やっぱり気になる!!

 

こうなると、試行錯誤と堂々巡りの始まりです。 そんな時は、気になる物件の資料を持って、「いえあ-る」に是非お越しください。

 

私たちはその物件を売りたいわけでもありませんので、第三者的な考察を行い、メリットとデメリットをあなたにお伝えすることができます。また、予備知識をつけて内覧に臨んだ方が、より冷静な自己決定ができるでしょう。

 

限られたひとときですが、一対一であなたに向き合います。

後に悔いを残さないためにも、私たち「いえあ-る」をお役立ていただければ幸いです。

費用と申し込み方法について

 

★対象とする物件は一件のみ  ★かかる時間は約1時間  ★費用は税込み1,000円  ★いえあーる事務所内で対応します。 

 

 

 ※ 「いえあーる」について詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ!(^^)!

 


 

事前に下記フォームよりお申込み下さい。メールで、日程に関するご案内を返信差し上げます。(送信元のメールアドレスは、info@ie-r.jp です。迷惑メール設定等をご確認の上、受信できる状態にしておいてください。)

メモ: * は入力必須項目です

考察会に参加することで、あなたが得られる気づき

【価格の妥当性】

相場というものは確かにあるのでしょうが、最終的には、物件価格は売主の気持ち一つで決まります。本当に買いたければ提示されたその価格で購入するしかありませんが、主観的なその価格が妥当なのかどうかは気になるところだと思います。価格査定の考え方を用いて、路線価や過去の成約事例から導き出した価格と比較し、どのくらい乖離しているのかいないのか、確認してみては如何でしょうか。

【建物の性能と劣化度合】

物件の良し悪しは、立地と環境、建物の状況に左右されます。そこにある立地と環境を、メリットととるかデメリットととるかは人それぞれですが、建物の状況については決まった物差しで測る必要がありますので、その建物が持つ性能や劣化状況については固有の診断結果が出てきます。

中古住宅の場合、購入後のリフォームも視野にいれて計画すべきでしょう。築年数から見る物件価格は妥当か、劣化状況を改善するリフォーム代金は捻出できるか、引っ越したい時期までに工事は終わるのか等々、総合的に考えて決断しなければなりません。

建物の状況を正確に知るためにはインスペクション(建物状況調査)を受ける必要がありますが、築年数から想定できることもあります。設備機器や内装など見える部分だけではなく、見えない部分を想像しながら冷静に内覧することが大切です。劣化症状の見極め方など、インスペクション業務における診断ポイントなどもお伝えします。

 

【不動産業界のこと】

不思議なことに、不動産業界には、独特の「暗黙の了解」というものが存在するようです。ルール違反はご法度!注意どころでは済みません。なにせ売って初めて仲介手数料が手に入る商売ですから、早い者勝ち、取った取られたの世界です。

よく考えれば、確かにその物件は気に入ったけど、その取扱い業者が気に入ったわけではないはずですよね。ではどうすれば? マイホーム購入の第一歩としてやるべきことをお話しします。