【使用機材と診断風景】

インスペクションは、目視などを中心とした非破壊による調査・診断です。そのため、適切な機材を使用し、状況を正確に捉えることは非常に重要です。数値が意味する現状を正確に捉え判断する力が診断士には不可欠です。最終的には、インスペクションに携わった診断士(建築士)の判断に委ねられているのです。

 

 

詳しくは下記ボタンから! それぞれのページをご覧ください。


 

 

「インスペクションの活用」ページに戻ります   ➡