浴室廻りの基礎から水染みが…?

 

  浴室(在来タイル張り)を囲う基礎表面に水染みが出ることがあります。水道管の漏水では?と心配ですが、その原因は何でしょうか。

 

浴室基礎の水染み

ホームインスペクション 耐震診断 福岡
住まいの健康診断 浴室基礎からの水染み

 浴室基礎から水染みが発生。水道管の漏水疑いでよく相談を受けることがあります。写真の現象だけ見るとそう判断されるのはごもっともですが、その原因は別にあることが多いようです。

 

漏水テスト

ホームインスペクション 耐震診断 福岡
住まいの健康診断 浴室基礎からの水染み

 以前水道メーターで水漏れテストの方法をご紹介しましたが、今回も同様にテスト(止水後一定時間をおいて止水解除時のパイロットコマの動き無し)しましたが、結果は水道管の漏水ではありませんでした。ではこの水はどこからやって来るの?ということになりますが、実は浴室洗い場土間タイル目地の隙間等から洗い水が入り、土間タイルの下に長年蓄積したものなのです。

ベタ基礎工法の場合は、地中側に抜け難く土間タイルの下はプール状態になっている場合もあります。

 

対策

ホームインスペクション 耐震診断 福岡
住まいの健康診断 浴室基礎からの水染み

 対策としては新築時であれば写真のようにコンクリート打ち継ぎ面に止水板を入れ浴室下地で防水水抜き施工をすればよいのですが、残念ながら在来工法の場合は土間タイル下の水抜きは上手く出来ません。したがって改築工事時に下地に防水モルタルを施工し水抜きを取るか、いっそのことユニットバスに改築されることをお勧めします。いかがでしたか?水漏れしそううにないタイルですが、実は結構水を通すということを知っておいて下さい。

既存住宅には経年劣化による不具合がつきものです。でも、購入前のインスペクションで、状況がわからないという不安を解消することは可能ですよ!