· 

ウッドデッキのメンテ

 

ウッドデッキはその材質により耐久性がかなり違いますが、それでも定期的な塗装メンテはかかせません。 

 

施工後数年年も経過すると、表面の色が抜け段々と鼠色になっていきます。

ご紹介のデッキ材はサイプレスというオーストラリア産のかなり耐久性の高い材料ではありますが無機質ではないので劣化は進みます。

ここでは、ノンロットという木材保護塗料をご紹介します。ホームセンターやネット通販でも手にはいりますので、ぜひDIYでチャレンジしましょう。

工事は簡単!表面にまずケレン掛けし汚れを除去しデッキ表面をなじませます。

このたわしのようなパット(サンドパット)はホームセンターでも数百円で手に入ります。

あとは刷毛で2回塗りが基本です。

以前の無垢フロアのコラムでご紹介した通り、無色の塗材を塗っても色は濃くなりますので、ムラを隠す為にも色付(写真はオリーブ色)で塗装補修しましょう。

ご自分で出来ない方の為に参考として費用をお伝えしますと、このデッキは約20㎡あり費用は税別9万円でした。半日で完了します。

既存住宅には経年劣化による不具合がつきものです。でも、購入前のインスペクションで、状況がわからないという不安を解消することは可能ですよ!