· 

建売住宅、サッシ廻りの防水施工ポイント

 

前回に引き続き雨漏れのお話 

 

たとえ建売住宅でも新築住宅(写真はリフォーム現場)に10年間保証義務化された雨水進入防止に関してはサッシ廻りも重要なヶ所です。

ガッチリ組まれたサッシもしょせんは敷居と縦枠が直角にネジで突き合わされた構造です。新しい内はジョイント部の防水パッキンが効いていて漏水しませんがやがてはパッキンが朽ちてしまいます。

そうなると雨水が少しずつ進入し気づいた時には構造体の腐朽がかなりすすんでいる場合があります。

サッシのパッキンはやがて劣化しますので、万一進入した雨水は防水層の外側(通気工法ならよりOK)へと排出できるように写真のような防水材をサッシ下に先行施工しておくと良いでしょう。建売のように建築中の確認ができないケースでは販売会社(施工業者)に確認しましょう。


福岡でマイホームを購入するなら「いえあ~る」にまず相談!

既存住宅には経年劣化による不具合がつきものです。でも、購入前のインスペクションで、状況がわからないという不安を解消することは可能です! まずはお気軽にご相談ください。