· 

2×4工法の壁から雨漏れ

 

地震につよく断熱性も優れた2×4の家。

なのに壁から雨漏れ? 

 

2×4工法によく見受けられる2階部分と1階部分の言わばジョイント部分によくこのようなジョイント帯水切板金が施工されています。工期を急ぐがあまり構造体の乾燥収縮未完全のまま外壁材(写真はモルタル壁)を施工すると、構造躯体のみ沈み込み、不幸にも水切板金が沈下する躯体に引っ張られ逆勾配になってしまうケースがあります。

こうなると、モルタル壁の裏側に雨水が進入しやがて1~2階が総2階部の壁ならば外壁の裏側を通り躯体を濡らせながら基礎巾木部に染み出て来ます。

室内側に雨水が進入することもあります。

対処方で最も安価なのが水切りに防水シールをテーパ(傾き)を付けて施工することです(防水材の変成シリコン材はその性能が永久的な材料ではありませんのでメンテが必要)。

2×4のお家購入を検討されている方、この水切りに注意!ですよ。

一般的に戸建て系住宅の雨漏れの多くは、屋根よりもサッシ廻り含めた外壁から生じている場合が多いので気を付けて物確しましょう。


福岡でマイホームを購入するなら「いえあ~る」にまず相談!

既存住宅には経年劣化による不具合がつきものです。でも、購入前のインスペクションで、状況がわからないという不安を解消することは可能です! まずはお気軽にご相談ください。