· 

バルコニー笠木の雨水浸入はかなりヤバい。

 

表面的にはきれいなタイル張りの木造住宅。でもなぜか1階のリビング天井から雨漏りが…。

原因は、上部にあるバルコニーでした。

 

しかも、雨水浸入箇所はバルコニーの床面ではなく、手摺の上部!

アルミ製の笠木手摺をはがしてみると、長年の雨漏りによる下地木材の腐れや防水シートの破れがあらわになりました。

 

雨漏りといえば、屋根やバルコニーの床面が怪しいと即座に考えがちですが、笠木手摺やアルミサッシの周囲など、より丁寧な防水処理が必要な箇所から漏れることもよくあります。

バルコニーの外側の壁をはがした様子です。笠木手摺から浸入した雨水は、内部の下地板を腐らせ、外壁タイルを支える耐力も落ちていました。


福岡でマイホームを購入するなら「いえあ~る」にまず相談!

既存住宅には経年劣化による不具合がつきものです。でも、購入前のインスペクションで、状況がわからないという不安を解消することは可能です! まずはお気軽にご相談ください。