調査・診断は目視による非破壊検査が中心ですから、五感をフル活用して情報を収集する必要があります。機材を使って数値で捉えることもありますが、調査・診断項目の多くは、経験に照らし合わせた観察力と洞察力が物を言う世界なのです。

 

 

診断風景


 

 

「診断機材と診断風景」ページに戻ります   ➡ 


 

 

「インスペクションの活用」ページに戻ります   ➡