適切な機材を使用し、状況を正確に捉えることは非常に重要です。最終判断は建築士が行いますが、その根拠は、診断機材による客観的な数値も参考にすべきなのです。

 

 

診断機材

鉄筋センサー


 

 

「診断機材と診断風景」ページに戻ります   ➡ 


 

 

「インスペクションの活用」ページに戻ります   ➡