· 

マイホーム購入自体が正しい選択かどうか、それも人それぞれです。

「いつかはマイホーム!」と夢を思い描く人は多いものです。が、マイホームを持つことが最善の選択かどうかは、個々の生活スタイルや環境、将来の考え方によります。

 

以前相談に来られた方は夫婦二人住まいの40代。将来に渡って子どもを持つ予定もなく、ただ毎月の家賃が無駄に思えてならないのでマイホームを購入したいとのことでした。予算をできるだけ抑えたいので中古住宅狙いです。勤務先のこともあり、買いたいエリアは限定されたおり、その中で格安の中古住宅となると、かなり古い物件か、がけ地に建つようなあまりお勧めできない立地のものになります。

 

さて、この夫婦がマイホームを購入することは、彼らにとって最善の選択なのでしょうか?私としては疑問です。購入の動機が、住宅ローンを組んでマイホームを購入すれば、毎月の返済額の方が家賃より安いからという、ただそれだけの理由なのです。でもよく考えてみて下さい。賃貸住まいであれば、その後の環境変化で家賃の支払いが厳しくなっても、安いアパートに引っ越せば生活を立て直すこともできるでしょう。が、一度住宅ローンを組んでしまうとそうはいきません。売れなければ引っ越せない、しかも、住宅ローンの残債をクリアするだけの値段で売れるかどうかもわかりません。こうなってくると、買ったこと自体が後悔の種になりかねません。

 

もちろん、買いたいなら買ってもいいのですが、その動機については自分でしっかり責任を持つことが大事です。家賃より安くなるという動機だけでマイホームを買って、果たして楽しい毎日を過ごすことができるでしょうか?マイホームは生活を包み込む器です。その器の中でどんな生活をしたいのか、それを実現するためにどんな器が必要なのか、マイホーム購入を考える原点はそこにあります。決して損得だけではないのですから。

  

考えてみると、仲介業者という立場の私たちが、買いたい気持ちにストップかけるのは変ですよね。でも、どんな決断になろうとも、一度立ち止まって考えてほしいのです。その選択が自分たちにとって最善のものになり得るかどうかということを。検討の結果、買わないという選択をしたとしても、私たちは一向に構わないのです。私たちの購入サポートの目的は、買主さんが後悔しない買い物をすることにあるのですから。

既存住宅には経年劣化による不具合がつきものです。でも、購入前のインスペクションで、状況がわからないという不安を解消することは可能ですよ!