· 

マイホーム購入は普通の買い物とは違う

日常生活で買い物をする場合、お店が提示している金額を支払えば、その場で必要なものを買うことができます。自分で持ち帰ることもできますし、大きな家具などは、後日配達してくれるでしょう。では、不動産の場合はどうでしょうか?

 

個人の売主さんから個人の買主さんが住宅を買う場合を想定してみましょう。お互いに知らない間柄、でも買ってほしい、売ってほしいと考えています。

買主さんがお金を支払うためには住宅ローンを組む必要があるようです。また、売主さんが現住所から退去するためには、次の居住先を購入するための頭金が必要みたいです。

買いたい気持ちがあっても、支払うお金の算段がつくのは住宅ローンの段取りがうまくいってからのことですし、それがはっきりしないと売主さんも安心して退去できません。また、売主さんには自宅を購入した際の住宅ローンの残債があるようで、この物件には抵当権が付いています。これを解除するためには一括返済が必要ですが、買主さんが支払ってくれる物件代金をもって精算することになりそうです。

 

どうですか?お金のやり取りが複雑ですよね。「結局どっちが先に動けばいいの?そのあとちゃんと動いてくれるの?」知らない間柄だけに疑心暗鬼に陥りそうです。

  

ここが普通の買い物と大きく違うところです。お金を支払うタイミングと自分のものにするタイミングが基本的にはずれる可能性があるのです。しかも一般消費者同士の一回限りの売り買いであり、決して商売ではないのです。

どちらが得をしても損をしてもいけません。交渉して導き出した条件を正しく履行し、売買を完結させることが大事であり、そのために、プロである仲介会社が存在するわけです。

 

信頼できる仲介会社が間に入ることで、売主も買主も安心して先に進めるようになります。両者のことを把握したそれぞれの仲介会社の連携プレーが何よりも大事なのです。

仲介手数料はそのために支払うものなのですから、誰に頼むかは重要なポイントです。物件広告を見て問合せを入れる場合は、自分のサポートを第一に考えてくれる仲介会社を携えて行くべきなのですよ。

既存住宅には経年劣化による不具合がつきものです。でも、購入前のインスペクションで、状況がわからないという不安を解消することは可能ですよ!