· 

屋根瓦のズレの原因?

 

その原因は下地に問題有り。

 

ズレた瓦をめくると、瓦を引掛けて留める桟がボロボロ。この現場のように40年前後の建齢の時代には施工性やその他の理由で瓦桟や野地板(次の写真)にベニア板(ラワン合板)を多用していた時代があり、このベニアの劣化がこのような結果をもたらしました。

いくら釘で留めても効きませんよね?

このように野地板にもベニア(ラワン合板)がつかわれており、当時の接着の技術性能では長期に渡って持つ材料ではなっかたようです。

手で押さえるだけでフワフワします。

但し現在では品質も改善され構造的価値優位性から、野地板に合板(構造用合板特類Ⅱ級etc)は良く使用されています。

改修工事となれば、当然全撤去になります。

野地板の下には写真の垂木という木材がありますが、こちらは無垢材なのでよっぽどの雨漏れ等がない限り保存状態に問題はないのが一般的です。

また、せっかくここまで解体したなら屋根断熱や垂木固定(台風対策)まで行ってから、瓦の葺替されてはいかがでしょう?

場合によっては耐震性を上げる為、軽い屋根(スレートや金属屋根etc)に葺替えるのも良いでしょう。

これでは瓦はずれちゃいますよね?


福岡でマイホームを購入するなら「いえあ~る」にまず相談!

既存住宅には経年劣化による不具合がつきものです。でも、購入前のインスペクションで、状況がわからないという不安を解消することは可能です! まずはお気軽にご相談ください。